沖縄島の写真「石田グスク跡」

2006_1217_151402.jpg
識名小学校の北側を通る路地の横にある、石田城碑文と小さなお宮。

『沖縄大百科事典』(1983年、沖縄タイムス社)の「石田城碑文」の項によると、この石碑は、1762年に石田グスク内に建立されたもので、住宅地整備のため近年にグスク下に移設されたのだそうだ。石碑上部にかろうじて「石田城碑文」と刻まれているのが読み取れるが、本文は摩耗しているため読み取ることができない。

碑文の隣にあるお宮には石が納められており、その石には「恵比寿大明神」、「混比羅大明神」、「大國大明神」と刻まれている。
2006年12月17日
2006_1217_151507.jpg
碑文がある場所の東方は周囲よりも高くなっており、その一帯は住宅地になっている。写真は、住宅地の中を巡る環状の路地。路地の一部は階段になっている。
2006年12月17日
2006_1217_151646.jpg
沖縄県立埋蔵文化財センターのGIS遺跡地図に示されている「石田グスク」の辺り。住宅が建ち並んでおり、グスクを偲ばせるものは何も残っていないようだった。
2006年12月17日
inserted by FC2 system